モナコには様々な魅力はありますが、やはり日本人の知っているものの一つと言えばカジノになります。

日本人は世界の中でもごく一部の人しかカジノを行っていませんがこれは国の成り立ちから考えて当然と言えます。

カジノが世界的に流行しているにもかかわらず、日本ではカジノを国内に作ることを否定的に考えていました。

2018年になりようやく、IR法案が提出され可決するに至りましたがそれまでは否定的に考えていたためあまりカジノの情報も出回っていません。

ところが、海外に目を向けるとリゾートカジノなどがたくさんあります。アメリカのラスベガスや中国のマカオなどが有名ですが現在は中国のマカオが世界一の規模になっているわけです。

モナコといえばそこまで大規模ではないものの、レジェンドたちが集まる場所の一つといってよいでしょう。

そんなモナコのなかでも有名なのが、カジノ・ド・モンテカルロになります。

本格的なカジノの場所として知られており、歴史もそれなりにしっかりしているのが特徴です。

さかのぼること140年前にすでにカジノ場ができたといわれていますので、かなり古いことが理解できるでしょう。

世界的な金持ちが遊ぶだけでなく、優雅な雰囲気を味わいたいならばぜひ一度足を運んでみると良いかもしれません。この建物は、パリのオペラ座を設定した人が建築したものになりますので、立派なたたずまいと言えるでしょう。

歴史的にも古いだけでなく、ふるさとともに味わいが出てくるのが現地の建物の魅力になります。日本の建物のように、古くなると安っぽくなるのではなく古いからこそ味わいが出て多くの人を魅了してきました。
この場所に入るためには、入場料が必要になります。

海外では無料で建物の中に入れるところもありますが、カジノ・ド・モンテカルロの場合には独特の敷居の高さがあり、10ユーロほど必要になるわけです。

それだけでなく、ドレスコードもありますのでうっかりラフな格好で行ってしまうと入場禁止をされてしまいますので要注意です。

世界中のVIPが楽しんでいるところは、特別ルームと呼ばれるところでそこに生えるためにもお金が必要になります。

営業時間は、スロットマシーンがある無料のエリアは午後2:00から営業しています。

テーブルゲームは、プレールームごとに分かれており、多種多様なものを楽しむことができるのが魅力かもしれません。このように、場所によってグレードが違いますのでまずは無料のところから入ってみるのが良いです。