オンライン決済方法の1つiwalletは、誰でもオンラインで登録を済ませることができます。

公式サイトにアクセスしたら画面右上の新規口座開設を選び、メールアドレスを入力して次に進みます。

名前や生年月日にパスワードなどの入力が求められるので、これらの項目を正確に埋めて確認を行います。

後は口座を開設するボタンを押したら、認証を求めるメールが届くのでチェックしましょう。

認証が完了したら、ログイン後のユーザー基本情報設定の項目で口座をアップグレードします。

必要事項を埋めれば良いだけなので、この作業はとても簡単で、iwalletの全機能を利用する為には、KYC書類認証の項目で、本人確認書類と住所確認書類を提出することが必要です。

前者はパスポートと運転免許証などの顔写真つきの公的書類で、後者は光熱費の明細書や住民票に健康保険証などが有効となります。

書類はいずれも、有効期限まで3ヶ月以上の余裕があるものが理想的です。

画像形式で書類を用意したら、アップロードを行って認証されるのを待つだけとなります。

iwalletを開設して各種の書類が認証されたら、いよいよオンライン決済が利用できる段階になります。

まず入金には銀行送金を選択するか、クレジットカードやデビットカードが選べるようになっていて手間や手数料の無さを考えると、やはり後者のクレジットカードかデビットカードが便利でしょう。

しかし、高額の入金には向いていないので、大金を利用したい場合は銀行送金を検討に加える必要が出てきます。

入金方法を選んだら、希望する入金額を選択して次へ進み内容を確認します。

これでオンライン決済が利用できますし、対応する利用したいサービス側で手続きを行うだけです。

逆に受け取ったお金を出金したい場合は、銀行口座への振り込みを選んで必要事項を設定していき、通貨口座と金額や口座番号を選択・入力して、口座名義や支店コードなどを埋めて内容をチェックします。

最終的に確認画面が表示されるので、内容に間違いがなければボタンを押して手続きが完了となります。

このように、iwalletではログイン後の会員画面において、入金や出金手続きの操作ができます。

国際プリペイドカードのiwalletカードを使えば、例えば海外のATMなどでも好きな時に出金が可能になりますのでオンライン決済の枠を超えた利用の幅が広がるので、使い方の1つとして検討に値する方法です。

勿論、オンライン決済だけでも信頼性が高く利便性に優れていますから、口座を作っておけば何かと役立つ可能性があります。