オンラインカジノで人気のブラックジャックとは、各々に配られたカードの合計を21に近づけることを競い合うカードゲームです。

数が大きい人の勝ちとなりますが、21を超えてしまうとその時点で負けとなるので、21以下でいかにうまくまとめ上げるかを競い合う、戦略的なゲームであるといえます。ジョーカーを抜いた52枚のトランプを使い、ディーラー(親)とプレイヤー(子)の対戦となります。

カードの数の数え方は、エースは1もしくは11と数え、2~9のカードはそのまま2~9として数え、10と絵札は10と数えます。

ゲームの流れは、ディーラーが各々に2枚のカードを伏せた状態で配ります。

プレイヤーの2枚のカードをオープンし、ディーラーは1枚のカードだけをオープンします。プレイヤーは状況に応じてカードを追加するかどうかを考えます。カードを追加することをヒット、追加しないことをスタンドといいます。

ヒットした結果21を超えてしまう(バースト)その時点で負けが決定し、バーストしない限り何度でもヒットすることが可能です。

ディーラーが伏せてあったカードを公開しアクションを起こし、この時点でバーストすればプレイヤーの勝ちとなります。

ディーラーにはルールの縛りがあり、17以上になるまで必ずヒットしなければなりません。ですから、ディーラーからしてみれば、17から21までの勝負になるかバーストかということになります。数の多い方が勝ちとなり、勝てばベット額の2倍の配当を受け取り、負ければ没収ということになります。

最初に配られた2枚のカードの合計が21の場合、つまりエースと10か絵札であった場合最強の手「ブラックジャック」となり、ベット額の2.5倍の払い戻しを受ける事が出来ます。

基本的なアクションはヒットとスタンドですが、もう少し複雑なアクションも存在します。

ダブルダウンというのは最初の2枚が配られた時に良いカードが来ており、3枚目に配られたカードで通常の2倍のベットで勝負するアクションです。勝っても負けても影響が2倍となるため、3枚目で勝てると強く思えるときに使う手なのです。

スプリットというのは、最初の2枚のカードが同じ数字であった場合に限り、2つに分割することができるアクションです。

それぞれに同額をベットする必要があるので、両方勝つ事が出来れば大きな利益となりますが、どちらも負けてしまえば倍の損失を出す事にもなります。

インシュランスはディーラーの表向きのカードがエースの場合、最初に賭けた半分の額を追加することにより、ディーラーがブラックジャックであった場合、最初の賭け金がそのまま返金されます。